安定同位体による新食物網解析法

安定同位体による新食物網解析法

レコードナンバー870178論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035503NACSIS書誌IDAA12359338
論文副題数値の解釈と基礎生産者の同位体比推定記述モデルの検討
著者名杉崎 宏哉
児玉 真史
市川 忠史
山田 圭子
和田 英太郎
渡邊 朝生
書誌名水産技術 = Journal of fisheries technology
発行元水産総合研究センター
巻号,ページ6巻・ 1号, p.57-68(2013-10)ISSN18832253
全文表示PDFファイル (10265KB) 
抄録安定同位体比を用いた海洋の生態系構造の解析では,基礎生産者の安定同位体比の特定が困難なことが食物網解析の障害となっている。本研究では,摂餌過程における炭素・窒素安定同位体濃縮の歴史的経緯をまとめた上,生物種の安定同位体比を同位体マップ上に整理し,食物網構造や栄養段階の推定手法を紹介した。食物網に沿って炭素・窒素同位体比の関係は線形一次式で表せ,摂食過程における炭素・窒素の同位体分別をそれぞれ3.3‰,2.2‰,その比を1.5に設定することで対象とする動物の同位体比から同位体マップ上に食物網の直線を描くことが可能となった。その結果を用いて三陸沿岸と沖帯の食物網同位体予測モデルを提示した。さらに試料採取法・処理法について再考察し,安定同位体精密測定法の今後の展望についても触れた。
索引語安定同位体比;炭素;基礎生産者;食物網;摂餌過程;窒素安定同位体濃縮;歴史的経緯;生物種;食物網構造;栄養段階
引用文献数44
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat