系統豚カナガワヨークを利用した高品質豚肉生産技術の確立(1)

系統豚カナガワヨークを利用した高品質豚肉生産技術の確立(1)

レコードナンバー870237論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20040773NACSIS書誌IDAA12563957
論文副題系統豚カナガワヨーク(W) の維持に関する試験
著者名山本 禎
西田 浩司
書誌名神奈川県農業技術センター畜産技術所研究報告 = Bulletin of Livestock Industry Technology Station, Kanagawa Agricultural Technology Center
発行元神奈川県農業技術センター畜産技術所
巻号,ページ2号, p.27-33(2013-08)ISSN21862133
全文表示PDFファイル (3181KB) 
抄録大ヨークシャー種系統豚カナガワヨークは,「一日平均増体重」,「背脂肪の厚さ」,「ロース断面積」を改良目標とし,平成3年度に完成,翌4年度から維持を開始し,以後19年間にわたり,この優良な系統豚を長期間利用するために,認定時の能力を保ち,集団の遺伝子構成を保持することを目的に豚群の維持を行ってきた。その結果,血縁係数,近交係数の上昇は比較的抑制することができたが,造成時の目標である「一日平均増体重」,「背脂肪の厚さ」,「ロース断面積」については経年による一定の低下が認められた。その一方で,近交係数の上昇とともにばらつきは少なくなってきており,系統豚の特徴である斉一性は高く保つことができた。また,維持開始直後に問題とされた肢蹄の強健性については雄では改良に成功した。これらのことから比較的良好に長期間維持することができた。しかし,血縁係数等の上昇抑制と能力の保持,改良との両立が今後は困難となること,配布頭数が低迷していること等から,平成22年度をもって維持を終了した。本報告では19年間の維持の経緯について総括する。
索引語維持;近交係数;系統豚;上昇;改良;一日平均増体重;背脂肪;厚さ;ロース断面積;能力
引用文献数2
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat