キュウリに含まれるギ酸の部位別分析と味覚特性

キュウリに含まれるギ酸の部位別分析と味覚特性

レコードナンバー870245論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名金子 真紀子
三宅 正起
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ66巻・ 5号, p.255-259(2013-10)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (878KB) 
抄録キュウリに含まれるギ酸の分布および味覚特性を明らかにするため,まず,HPLC法による分析法とキュウリ試料調製法について検討を行った。設定したHPLC分析法のギ酸定量限界は0.5mg/Lであり,再現性も良好であった。キュウリは,果皮,維管束,果肉および種子,それぞれの部位に分け,HPLC分析試料を調製した。HPLC分析の結果,ギ酸は果肉と種子では検出されず,果皮と維管束に局在することが示された。ギ酸標準水溶液の味覚特性を調べた結果,低濃度(<10mg/L)では渋味を感じ,濃度が高くなるに伴って渋味とともに苦味と酸味も強くなった。キュウリの渋味とギ酸濃度との関係については,特に果皮を食したときに感じられる渋味は,ギ酸によるものと推察された。さらに,ギ酸を各種濃度に調整したキュウリの官能結果からも,ギ酸がキュウリの渋味の主な要因であることが示唆された。
索引語ギ酸;キュウリ;渋味;味覚特性;果皮;結果;維管束;果肉;種子;濃度
引用文献数15
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat