リンパ形質細胞性リンパ腫と考えられた猫の1例

リンパ形質細胞性リンパ腫と考えられた猫の1例

レコードナンバー870249論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名森田 泰典
森田 佳子
三井 一鬼
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ66巻・ 11号, p.807-811(2013-11)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (1432KB) 
抄録10歳,雄のアメリカンショートヘアが左下顎腺周辺部の腫脹を主訴に来院した。当初は針生検で唾液粘液嚢胞と判断したが,3カ月後に行った腫脹部の針生検では粘液に混在した異型リンパ球様細胞を認め,リンパ腫と診断した。化学療法としてCOP療法を行ったところ完全寛解が得られ,治療は6カ月間継続し終了した。治療終了2カ月後の同部位の針生検で,ふたたび異型リンパ球様細胞を認めたため,根治及び確定診断のため病巣部の摘出を行い,病理組織検査及び組織の免疫染色を実施した。腫瘍細胞の特徴的な形態と大部分の腫瘍細胞のMUM1(形質細胞マーカー)陽性,ごく一部のCD79a(Bリンパ球マーカー)陽性,CD3(Tリンパ球マーカー)陰性所見から本症例はリンパ形質細胞性リンパ腫と考えられた。再発後,数種の抗腫瘍薬を投与し,再寛解は得られなかったがほぼ6カ月間,良好に経過した。
索引語針生検;リンパ形質細胞性リンパ腫;異型リンパ球様細胞;腫瘍細胞;数種;猫;腫脹;粘液;リンパ腫;診断
引用文献数10
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat