サツマイモトビハムシ(Chaetocnema confinis Crotch) の生態と防除(1)

サツマイモトビハムシ(Chaetocnema confinis Crotch) の生態と防除(1)

レコードナンバー870611論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014779NACSIS書誌IDAN00055757
論文副題サツマイモトビハムシ幼虫によるサツマイモ塊根の被害
著者名林川 修二
嶽崎 研
福田 健
水島 真一
山下 進
書誌名九州病害虫研究会報
別誌名Proceeding of the Association for Plant Protection of Kyushu
発行元九州病害虫研究会
巻号,ページ59巻・ p.72-76(2013-11)ISSN03856410
全文表示PDFファイル (1948KB) 
抄録鹿児島県種子島では「安納イモ」の知名度が高まったことで,青果用サツマイモの栽培が急激に増加してきている。その中で収穫した塊根の表皮に原因不明の細い線状の被害が確認されたため,2010~2012年に実態調査および再現試験を行った。島内のサツマイモほ場では葉を筋状に加害する小型のトビハムシ類成虫が多数発生しており,これはサツマイモトビハムシと同定された。そこで,島内ほ場から採集した成虫を人工的にサツマイモ株に放飼したところ,畦内には多数の幼虫が生育しており,塊根への加害も確認された。さらに,収穫物を調査したところ塊根表皮に現地と同様の被害が認められた。以上のことから,種子島のサツマイモ青果における表皮異常の主因は,本種幼虫の食害によるものと判明した。また,被害は塊根の外側から食害されたタイプ,表皮内部を潜孔食害されたタイプがあることが確認された。加えて,細根に頭部を貫入させている幼虫も観察され,塊根表皮の小孔被害の関与も推察された。
索引語被害;塊根;確認;Chaetocnema;生態と防除;幼虫;食害;加害;塊根表皮;タイプ
引用文献数6
登録日2014年04月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat