フォトダイオードを用いた土壌中の放射能鉛直分布測定器の開発

フォトダイオードを用いた土壌中の放射能鉛直分布測定器の開発

レコードナンバー870686論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015000NACSIS書誌IDAN00347581
著者名鈴木 心也
岩瀬 広
登尾 浩助
溝口 勝
小林 大樹
伊藤 哲
書誌名土壌の物理性
別誌名Soil physical conditions and plant growth, Japan
発行元[出版者不明]
巻号,ページ125号, p.29-33(2013-12)ISSN03876012
全文表示PDFファイル (2006KB) 
抄録土壌を採取し,深さ毎に放射性セシウム濃度を測定するには多大な労力と時間がかかる。そこで,本研究では現場で放射性セシウム濃度の鉛直分布を測定する装置を開発した。放射線を検出する4つのフォトダイオードセンサを鉛板で挟み,深度別で指向性を高めた。しかし,指向性は十分ではないため,点線源実験により測定範囲外からの影響度合いを示す漏れ係数を独自に定義し,補正行列を提案した。福島県飯舘村の不撹乱水田において本測定器を試験したところ,土壌放射能の鉛直分布がほぼ正確に測定できることが確認できた。
索引語測定;開発;放射性セシウム濃度;鉛直分布;指向性;時間;フォトダイオード;放射能鉛直分布測定器;土壌;採取
引用文献数14
登録日2014年04月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat