第四胃変位を罹患した乳牛における肝機能評価のための疫学調査

第四胃変位を罹患した乳牛における肝機能評価のための疫学調査

レコードナンバー870742論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038563NACSIS書誌IDAA12483687
著者名工藤 克典
小岩 政照
岡田 洋之
書誌名産業動物臨床医学雑誌 = Japanese journal of large animal clinics
発行元日本家畜臨床学会
巻号,ページ4巻・ 3号, p.132-134(2013-11)ISSN1884684X
全文表示PDFファイル (600KB) 
抄録北海道石狩NOSAI管轄において,1995年6月~1997年6月までに分娩した45頭の第四胃変位罹患ホルスタイン種成乳牛を用い,第四胃整復手術中に肝臓生検を実施し,肝臓変性の疫学調査を行った。その結果,26.7%(12/45)で肝臓変性が認められなかったが(対照群),その他の症例では肝臓の変性が認められた。その内訳は,肝細胞が腫大し顆粒状を呈する顆粒状変性が31.1%(14/45:顆粒状群),脂肪変性が42.2%(19/45)であった。脂肪変性の程度は,脂肪滴が小葉中心性に限局した軽度脂肪化(軽度群)が8症例,脂肪滴が広範に認められた重度脂肪化(重度群)が7症例,肝細胞全体が小さな脂肪滴に置換し,網目状に配列している変性性脂肪化が4症例(変性群)であった。
索引語脂肪滴;疫学調査;肝臓変性;脂肪変性;変性;腫大;程度;第四胃変位;罹患;乳牛
登録日2014年04月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat