地球観測衛星データの食料安全保障分野への利用

地球観測衛星データの食料安全保障分野への利用

レコードナンバー870844論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011894NACSIS書誌IDAN10164125
著者名大吉 慶
貫井 智之
祖父江 真一
書誌名システム農学
別誌名Journal of the Japanese Agricultural Systems Society
発行元システム農学会
巻号,ページ30巻・ 1号, p.27-33(2014-01)ISSN09137548
全文表示
抄録地球観測衛星データから、農業統計情報や農作物の生育に関する早期警戒情報を得られることができれば、食料安全保障に関わる意思決定において有用である。宇宙航空研究開発機構(JAXA)に属する筆者らは、国内外の研究機関や大学、利用者となる機関と連携して地球観測データの食料安全保障分野への利用に関わる研究開発を実施してきた。地球観測衛星データを活用する総合的な作物監視システムを実現するには、耕作地図作成システム、農業気象および生育監視システム、単収・収量推定システムといったサブシステムが必要である。JAXAはこれまでに、特に米の作付面積・収量推定、農業気象を把握するための手法およびシステムの研究開発などを実施してきた。本稿では地球観測衛星データの農業監視に関わる国際的な枠組みと、JAXAがこれまでに開発したシステムのプロトタイプとその利用について紹介する。
索引語地球観測衛星データ;利用;システム;JAXA;食料安全保障分野;研究開発;実施;農業気象;機関;開発
引用文献数21
登録日2014年05月12日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat