養豚場における暑熱対策技術の確立

養豚場における暑熱対策技術の確立

レコードナンバー870964論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012934NACSIS書誌IDAN10468072
論文副題ペットボトルを利用した簡易ドリップクーリングの検討
著者名関口 梨果
書誌名群馬県畜産試験場研究報告 = Bulletin of the Gunma Animal Husbandry Experiment Station
発行元群馬県畜産試験場
巻号,ページ20号, p.26-33(2013-12)ISSN13409514
全文表示PDFファイル (5466KB) 
抄録繁殖母豚への暑熱対策として、ペットボトルを利用した簡易ドリップクーリングを活用し、冷却効果の高い最適な滴下場所(試験1)について検討を行った。更に、ビニールホースを利用し広範囲に滴下できる簡易ドリップクーリングの比較試験(試験2)を行い以下の結果を得た。1 呼吸数は、試験1においてすべての試験区が対照区より少なくなった。また、試験2については設置後、対照区と比べ30cm区および90cm区で有意(p<0.05)に少なくなった。2 体表温度については、試験1において設置前と設置5時間半後の体表温度の差は、背面区が最も少なく、体表温度の上昇が抑えられた。また試験2で、全ての区において設置後に低下がみられた。特に対照区と比較し、試験区でより低くなった。3 直腸温、残飼料およびその後の繁殖成績に影響はみられなかった。以上のことから、ペットボトルを用いたドリップクーリングをおこなう場合、頸部から肩部をめがけて滴下を行うことで、より体表温度の冷却効果を高めることができた。さらにホースを利用し、より広範囲に滴下することで一層効果的な冷却ができ、母豚への暑熱対策の一助となる可能性が示唆された。
索引語利用;体表温度;簡易ドリップクーリング;滴下;検討;暑熱対策;ペットボトル;冷却効果;呼吸数;直腸温
引用文献数5
登録日2014年05月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat