日本産野鳥8例の飼育実験による色選好性試験

日本産野鳥8例の飼育実験による色選好性試験

レコードナンバー871095論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20019368NACSIS書誌IDAA12018166
著者名上野 安貴
東野 晃典
高橋 麻耶
近江谷 知子
鈴木 友
鈴木 馨
書誌名Animal behaviour and management
別誌名日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌
発行元日本家畜管理学会
巻号,ページ49巻・ 4号, p.164-170(2013-12)ISSN18802133
全文表示PDFファイル (1124KB) 
抄録野生鳥類による食物や人工物への被害を防ぐ方法として、防鳥資材の活用がある。色は防鳥効果を持つ視覚的なシグナルとして知られるが、実際にどの色が回避されやすいのかを多種について調査した例は日本にない。本飼育実験では、日本国内に生息するスズメ(Passer montanus)、キジバト(Streptopelia orientalis)、コジュケイ(Bambusicola thoracica)、ツグミ(Turdus naumanni)、ヒヨドリ(Hypsipetes amaurotis)、ハッカチョウ(Acridotheres cristatellus)、オナガ(Cyanopica cyana)、トビ(Milvus migrans)の計8種について各色の選好性を調査したところ、一貫性のある所見を得た。色の選択肢は赤、黄、緑、青の4色とし、これらの色の蓋によって覆われた4つの餌入れを同時に提示し選択させることで実験を行った。実験開始時の最初の選択において、黄および青を選択した個体はなかった。また、黄は全個体において回避される傾向にあり、青も多くの個体において回避された。一方で、多くの個体が赤と緑に対し選好傾向を示した。この結果、黄・緑間では選好性に有意差が見られた。本結果は、黄は防鳥効果が高く青も比較的鳥害予防に活用しやすいと考えられるが、赤と緑は防鳥効果があまり高くない可能性を示唆している。防鳥効果の高い色をより効果的に且つ長期に亘って活用するためには、これを単独で用いるだけでなく、化学忌避剤や威嚇による追い払いといった他の忌避刺激と組み合わせる研究が有効であると考えられる。
索引語防鳥効果;青;赤;色;黄;選択;個体;活用;回避;緑
引用文献数22
登録日2014年05月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat