Paenibacillus terrae芽胞の圧力および加熱連続処理による死滅挙動

Paenibacillus terrae芽胞の圧力および加熱連続処理による死滅挙動

レコードナンバー871186論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036264NACSIS書誌IDAA12389893
著者名重田 有仁
渡邊 弥生
青山 康司
岡崎 尚
書誌名広島県立総合技術研究所食品工業技術センター研究報告 = Bulletin of Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Food Technology Research Center
別誌名広島県立総合技術研究所食品工業技術センター研究報告
発行元広島県立総合技術研究所食品工業技術センター
巻号,ページ27号, p.29-33(2013-04)ISSN18838324
全文表示PDFファイル (1219KB) 
抄録1)加熱調理処理,圧力処理,加熱殺菌処理の連続処理による殺菌効果について検討した結果,75℃,30分間加熱したP. terrae芽胞を圧力処理(400MPa,60℃,30分間)し,さらに90℃,10分間加熱することで,約6オーダー殺菌できることがわかった。常圧下で90℃,10分間の加熱殺菌処理を行った場合は殆ど殺菌効果がなかった。2)圧力を400MPaから250MPaに低下させても殺菌効果に大きな違いはなく,250MPaの方がやや死滅度が高い傾向にあった。また,間歇殺菌処理には効果が認められなかった。3)本処理により,耐熱性,耐圧性の高い芽胞を低温殺菌処理で殺菌できることがわかった。本処理による殺菌効果には芽胞の損傷が関与している可能性があるため,損傷芽胞の回復についても検討する必要はあるが,食品の日保ち延長技術として利用できる可能性がある。
索引語殺菌効果;芽胞;圧力;terrae芽胞;圧力処理;加熱殺菌処理;検討;本処理;可能性;効果
引用文献数9
登録日2014年05月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat