簡易資材脱臭装置による鶏ふん堆肥化時発生臭気の脱臭

簡易資材脱臭装置による鶏ふん堆肥化時発生臭気の脱臭

レコードナンバー871239論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011336NACSIS書誌IDAA11644791
著者名杉本 清美
西山 厚治
大泉 長治
山口 岑雄
書誌名千葉県畜産総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Chiba Prefectural Livestock Research Center
別誌名千葉畜セ研報
発行元千葉県畜産総合研究センター
巻号,ページ13号, p.49-54(2013-11)ISSN13469746
全文表示PDFファイル (2545KB) 
抄録養鶏経営において、開放直線式撹拌堆肥発酵ハウスから発生する臭気を、炭・ヤシガラ・モミガラ・ナシ剪定枝チップを充填した資材吸着式脱臭装置に通すことで、アンモニアは7~8割除去できた。試験初期において散水状態が不十分だった時は脱臭性能が低かったが、装置の改修により性能が改善され、脱臭槽でのアンモニアの検出値は全期間通して発酵ハウス内部の濃度よりも低く、アンモニア軽減効果があることがわかった。発酵ハウス以外で臭気が発生する日(除ふん作業日等)を除けば、臭気3成分(アンモニア・硫化水素・メチルメルカプタン)について敷地境界線上で検出することはなかった。
索引語アンモニア;臭気;脱臭;発生;養鶏経営;開放直線式撹拌堆肥発酵ハウス;ヤシガラ;モミガラ;ナシ剪定枝チップ;充填
引用文献数4
登録日2014年06月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat