低分子ヘパリン中の夾雑ムコ多糖類の工業的除去方法

低分子ヘパリン中の夾雑ムコ多糖類の工業的除去方法

レコードナンバー871294論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名村田 浩志
嶋村 英雄
松久 明生
山本 啓一
杉山 幸司
川上 隆生
余田 光
植村 英俊
戸田 隆雄
六車 三治男
河原 聡
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ61巻・ 2号, p.85-94(2014-02)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (1510KB) 
抄録低分子へパリン(LMWH)であるダルテパリンナトリウム(DN)の純度試験法と,その中の他のムコ多糖類(MS)夾雑物の工業的除去方法について検討した。高純度のDN(DN-W)に高分子デルマタン硫酸(DSH)および高分子過硫酸コンドロイチン硫酸(OSH)を添加して粗DN(DN-C)を調製し,2段階のエタノール(EtOH)分画処理を行い,各不純物の挙動とDN-Cの精製度を確認した。加えて,商業用DNについても同様のEtOH分画処理を行い,EtOH分画処理の有効性を確認した。各分画物をHPLC法と1H-NMR(NMR)法により分析した結果,全ての検体で純度が向上した。また,本試験で用いた商業用DN中の高分子MS不純物はおもに高分子DSであることが確認された。以上の結果から,LMWHの調製工程において,亜硝酸分解抵抗性不純物を高感度で検出できる亜硝酸分解/HPLC法による純度検査を行い,さらに,2段階のEtOH分画処理を実施することで,高品質なLMWH原料を安定的に調製できると考えられた。
索引語2段階;行い;確認;EtOH分画処理;低分子;ヘパリン;調製;結果;法;純度
引用文献数22
登録日2014年06月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat