福島第一原発事故による森林放射能汚染調査地の土壌理化学性

福島第一原発事故による森林放射能汚染調査地の土壌理化学性

レコードナンバー871305論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007967NACSIS書誌IDAN00124077
著者名金子 真司
池田 重人
赤間 亮夫
三浦 覚
高橋 正通
書誌名森林立地
別誌名Japanese journal of forest environment
森林立地学会誌
発行元森林立地墾話会
巻号,ページ55巻・ 2号, p.75-81(2013-12)ISSN03888673
全文表示PDFファイル (4394KB) 
抄録福島第一原発事故で放出された放射性セシウム(Cs)が,森林生態系においてどのような動態をするかを予測するために,放射性Csの分布実態の調査を行っている福島県の川内村,大玉村,只見町の3カ所5プロットにおいて,土壌代表断面調査を行って土壌の理化学性を調べた。その結果,5プロットの土壌とも落葉の分解速度が速いムル型腐植タイプであり,堆積有機物層は欧米の森林に比べて少なかった。また土壌は炭素含量が高く,大半の層はpH(H2O)が5.1以下と酸性であった。塩基交換容量(CEC)は高く,交換性塩基含量は全般に少なかったが,最表層は適量の交換性Kを含んでいた。すべてのプロットが16-24%の粘土を含んでおり,土性は埴壌土(CL),微砂質埴壌土(SiCL),砂質埴壌土(SCL)であった。本調査地の堆積有機物層は分解が早いことから,堆積有機物中の放射性Csは短期間に土壌に移動すると推定された。土壌は有機物が多く酸性であるが,粘土含有量や交換性K濃度から,放射性Csは土壌に固定されて,樹木に移行しやすい条件にはないことが示された。
索引語土壌;放射性Cs;福島第一原発事故;堆積有機物層;酸性;5プロット;層;CEC;プロット;粘土
引用文献数26
登録日2014年06月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat