細胞壁結合型酸性インベルターゼ遺伝子Wiv-1の果実特異的発現によるトマト果実糖蓄積への影響

細胞壁結合型酸性インベルターゼ遺伝子Wiv-1の果実特異的発現によるトマト果実糖蓄積への影響

レコードナンバー871338論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20006215NACSIS書誌IDAA11648748
著者名大山 暁男
布目 司
福岡 浩之
書誌名野菜茶業研究所研究報告
発行元農業技術研究機構野菜茶業研究所
巻号,ページ13号, p.35-42(2014-03)ISSN13466984
全文表示PDFファイル (3694KB) 
抄録糖含量はトマト果実の品質を左右する重要な要素である。そこで我々は,トマト果実の糖蓄積における鍵酵素の1つ,細胞壁結合型酸性インベルターゼ(CWI)の生理的役割について調査した。細胞壁結合型酸性インベルターゼcDNA Wiv-1を,若い果実に特異的な発現を示すトマトショ糖合成酵素遺伝子プロモーターと連結し,得られたキメラ遺伝子をトマト(マイクロトム)に導入した。その結果,形質転換体の若い果実においては,Wiv-1発現レベルと還元糖量との間に有意な正の相関が見出された。以上の結果は,形質転換体の若い果実において,Wiv-1遺伝子の発現に起因するアポプラスト部のショ糖分解レベルの増大を介して果実中への還元糖輸送が促進されたことを示唆している。
索引語果実;発現;トマト果実;形質転換体;細胞壁結合型酸性インベルターゼ;正の相関;果実特異的発現;トマト果実糖蓄積;影響;トマト
引用文献数24
登録日2014年06月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat