遮光下における結球期キャベツの硝酸イオンの吸収と窒素の蓄積特性

遮光下における結球期キャベツの硝酸イオンの吸収と窒素の蓄積特性

レコードナンバー871341論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20006215NACSIS書誌IDAA11648748
著者名佐藤 文生
東尾 久雄
書誌名野菜茶業研究所研究報告
発行元農業技術研究機構野菜茶業研究所
巻号,ページ13号, p.55-63(2014-03)ISSN13466984
全文表示PDFファイル (3435KB) 
抄録15N標識法を用いて遮光下におけるキャベツの硝酸イオンの吸収と窒素の分配特性について調査した。ポット栽培した結球期のキャベツを黒色寒冷紗で遮光し,さらに15Nで標識した硝酸イオンを施用した。株の施用硝酸イオン由来窒素(Nf)の吸収量は遮光によって減少した。外葉では,遮光により硝酸画分のNf濃度は増加し,アミノ酸画分,不溶性画分のNf濃度は減少した。結球では,遮光によりアミノ酸画分と不溶性画分のNf濃度は減少したが,硝酸画分のNf濃度には遮光の影響が認められなかった。外葉の硝酸イオン濃度は遮光により増加したが,結球の硝酸イオン濃度には遮光の影響が認められなかった。外葉上位の硝酸還元酵素(NR)活性は他の部位に比べ高く,その値は遮光によって低下した。一方,結球のNR活性には遮光の影響が認められなかった。これらの結果から,キャベツの結球では,受光量が低下しても硝酸イオン蓄積への影響はないものの,窒素同化産物の蓄積は受光量の低下により抑制されると考えられる。結球における窒素同化産物の蓄積は外葉上位での硝酸同化作用と密接な関係があることから,キャベツの品質向上のためには,この部位の光環境の改善が重要と考えられる。
索引語遮光;結球;硝酸イオン;キャベツ;Nf濃度;影響;蓄積;窒素;減少;低下
引用文献数24
登録日2014年06月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat