多様な食品および農産物に適用可能なダイレクトリアルタイムPCRシステムの開発

多様な食品および農産物に適用可能なダイレクトリアルタイムPCRシステムの開発

レコードナンバー871379論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名真野 潤一
波田野 修子
布藤 聡
峯岸 恭孝
二宮 健二
中村 公亮
近藤 一成
手島 玲子
高畠 令王奈
橘田 和美
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ55巻・ 1号, p.25-33(2014-02)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (11828KB) 
抄録食品および農産物のDNA分析をより簡易なものとするため,分析試料の粗抽出液からDNAを直接PCRで増幅し,それをリアルタイムPCR装置でモニタリングするダイレクトリアルタイムPCRについて検討を行った。既定の組織溶解液による前処理と開発したマスターミックスによるリアルタイムPCRを組み合わせてダイレクトリアルタイムPCRシステムとした。50種類の食品および農産物試料の分析を行ったところ,いずれの試料においてもPCRの阻害は認められず,開発した手法が多様な試料に適用可能であることが確認された。次に,DNAの一塩基置換を判別するモデル評価系を構築し,ダイレクトリアルタイムPCRの反応特異性を評価した。その結果,ダイレクトリアルタイムPCRにおけるプライマーの選択性は,精製DNAを用いる通常のPCRと同等であった。最後に,遺伝子組換え農産物を一定の濃度で含む試料を用いてダイレクトリアルタイムPCRの検出感度および定量性について評価を行った。分析の結果から,ダイレクトリアルタイムPCRによって標的の高感度な検出と高精度な定量が可能であることが明らかとなった。
索引語ダイレクトリアルタイムPCR;試料;食品;開発;分析;PCR;農産物;ダイレクトリアルタイムPCRシステム;DNA;評価
引用文献数21
登録日2014年06月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat