表土をスライスできる簡易な土壌切削装置の開発

表土をスライスできる簡易な土壌切削装置の開発

レコードナンバー871416論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036240NACSIS書誌IDAA12388584
著者名青田 聡
松葉 隆幸
大野 光
高橋 誠
鈴木 庄一
小田切 元
伊藤 直樹
小野里 泰仁
石丸 雅邦
佐久間 大輔
冨田 利章
書誌名福島県農業総合センター研究報告 = Bulletin of the Fukushima Agricultural Technology Centre
発行元福島県農業総合センター
巻号,ページp.19-22(2014-02)ISSN18825613
全文表示PDFファイル (1991KB) 
抄録農地に降下した放射性物質の大部分は、未耕うんほ場では土壌表層近くに存在する。平成23年の試験で草の根と表土を同時に剥ぎ取れば、土壌中の放射性セシウム濃度を大幅に低減できることが分かった。そこで、効率的に除染するため、草の根と表土を同時に安定的にスライスする土壌切削装置を開発した。装置は大きな機械が入れない樹園地でも使えるよう、小型軽量で簡易な構造とした。市販モデル機を用い実証試験を行ったところ、スライス厚さも設定どおりとなり、スライス断面も良好であった。
索引語表土;スライス;土壌切削装置;開発;草の根;装置;設定どおり;試験;農地;降下
引用文献数5
登録日2014年06月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat