農村女性起業の組織的展開に関する考察

農村女性起業の組織的展開に関する考察

レコードナンバー871636論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004775NACSIS書誌IDAN00202024
論文副題「古座川ゆず平井の里」を事例に
著者名原 珠里
堀田 和彦
書誌名農村研究
別誌名Journal of rural community studies
Nōsonkenkyu
Nōsonkenkyū
発行元東京農業大学農業経済学会→食料・農業・農村経済学会 (121号-)
巻号,ページ118号, p.29-40(2014-03)ISSN03888533
全文表示PDFファイル (2450KB) 
抄録農業における六次産業化は,中山間地を中心にその重要性を高めている。全国の六次産業化の事例の中には,農村女性起業が母体となっているものが少なくない。農村女性起業は1992年の「農山漁村女性に関する中長期ビジョン」以降,施策として振興されその数を増加させてきた。しかし,農村女性起業と地域社会との関係をどうするか,世代交代をいかに行うか,そして主体が女性であることにどのような意味づけをし得るかといったことが課題となって来ている。本稿では,農村女性起業からはじまり農事組合法人として六次産業化事業を成功させている「古座川ゆず平井の里」の事例から,地域社会との関係を深める形での組織再編,組織再編を契機とした世代交代,商品化当時の味を守ることによる先駆者の技術の継承と女性の組織内役割分担などの要因が,農村女性起業のもつ課題を解決する形でこの組織再編を成功させたことを明らかにする。
索引語農村女性起業;女性;事例;組織再編;古座川ゆず平井;里;六次産業化;地域社会;関係;世代交代
引用文献数16
登録日2014年07月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat