渓流資源増大技術開発事業(平成24年度/国庫委託)

渓流資源増大技術開発事業(平成24年度/国庫委託)

レコードナンバー871749論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014120NACSIS書誌IDAN00393090
論文副題遊漁開放期間及び休漁期間の検討
著者名高木 優也
綱川 孝俊
久保田 仁志
書誌名栃木県水産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Tochigi Prefectural Fisheries Experiment Station
発行元[栃木県水産試験場]
巻号,ページ57号, p.9-10(2014-02)ISSN13408585
全文表示PDFファイル (814KB) 
抄録輪番禁漁制の効果と有効な輪番期間について検証するために,輪番禁漁制が導入されている2河川において,イワナ・ヤマメの生息個体数および生息密度の変化を調査しました。GLMMを用いたモデル選択によって禁漁の効果を評価した結果,ヤマメについては最短で1年間,一河川のイワナについては2年間の短期的な禁漁によって遊漁対象サイズの資源増加が認められました。しかし,禁漁期間であっても,渓流魚の資源量は降水量などの環境条件によって変動することから,実際に輪番禁漁制を導入するにあたっては,2年以上の禁漁期間を設定し,資源の増加が確認できた場合にのみ1年間解禁する方法が妥当であると考えられます。
索引語禁漁期間;輪番禁漁制;禁漁;遊漁開放期間;効果;導入;イワナ;ヤマメ;輪番期間;生息個体数
引用文献数1
登録日2014年07月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat