渓流資源増大技術開発事業(平成24年度/国庫委託)

渓流資源増大技術開発事業(平成24年度/国庫委託)

レコードナンバー871750論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014120NACSIS書誌IDAN00393090
論文副題ニッコウイワナ在来個体群保全管理研究
著者名久保田 仁志
綱川 孝俊
高木 優也
書誌名栃木県水産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Tochigi Prefectural Fisheries Experiment Station
発行元[栃木県水産試験場]
巻号,ページ57号, p.11-12(2014-02)ISSN13408585
全文表示PDFファイル (591KB) 
抄録ニッコウイワナ在来個体群存続の可能性を検討するために,有効集団サイズの推定値に基づく遺伝的多様性の減少予測を行いました。A沢の堰堤に挟まれた5区間で5年間にわたり有効集団サイズを算出したところ4.5-56.6と推定されました。これらの値に基づき,遺伝的多様性の低下予測を行ったところ,30世代後には各区間で現状の18.8-71.1%に低下すると予測されました。一方,全区間の間に移動阻害が無く,全体が一つの繁殖集団だと仮定した場合は,30世代後も現状の89.9%の遺伝的多様性が残ると予測されました。
索引語予測;遺伝的多様性;現状;渓流資源増大技術開発事業;国庫委託;ニッコウイワナ在来個体群保全管理研究;有効集団サイズ;推定;値;低下
引用文献数2
登録日2014年07月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat