樹木の細根の更新について

樹木の細根の更新について

レコードナンバー871800論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00006960NACSIS書誌IDAN00055178
著者名近藤 民雄
大賀 祥治
書誌名九州大学農学部演習林報告 = Bulletin of the Kyushu University Forest
発行元[九州大學農學部附属演習林]
巻号,ページ83号, p.85-96(2002-03)ISSN04530284
全文表示PDFファイル (663KB) 
抄録樹木の細根は,水やミネラルなどの栄養素を取り込む吸収根として機能している。地上部の葉や枝が落葉したり落枝したりすると,同様に地下部の細根もまた枯死したり脱落したりする。しかし地上部のシュートは,生長期ごとの伸びを積算し長さを伸ばしていくが,細根の伸びには積算はみられず,伸びの更新が繰り返されるにとどまる。この点が細根の特徴的な生長パターンの一つである。ここでは細根更新について,各研究者の考えの違いや細根更新の表示様式の大要を述べると共に,細根更新と林分の地位および森林タイプとの関係などについて解説した。
索引語細根;細根更新;地上部;更新;樹木;積算;水;ミネラル;栄養素;吸収根
引用文献数33
登録日2014年07月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat