防火木材における白華の発生要因の検討

防火木材における白華の発生要因の検討

レコードナンバー871950論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012092NACSIS書誌IDAN00240373
著者名河原崎 政行
平林 靖
書誌名木材保存
発行元日本木材保存協会
巻号,ページ40巻・ 1号, p.17-24(2014-01)ISSN02879255
全文表示PDFファイル (1844KB) 
抄録市販のリン酸系薬剤2種類とリン酸・ホウ酸混合系薬剤を用いた防火木材について,高湿度雰囲気に暴露し,吸湿量への薬剤の種類,薬剤固形分量,雰囲気湿度の影響を検討するとともに,表面に観察された薬剤を含む水滴の発生量を基に白華の可能性を推察した。最大吸湿量は,薬剤の種類間に差異があり,雰囲気湿度の上昇とともに増加する傾向が見られた。また,個別の薬剤を用いた防火木材では,薬剤固形分量の増加とともに最大吸湿量が大きくなり,両者の間には極めて高い直線関係があることが分かった。表面に観察された水滴の発生量は,薬剤の種類間に差異があり,薬剤固形分量の増加および雰囲気湿度の上昇とともに多くなった。また,水滴の発生量が多い種類は,最大吸湿量が大きくなる傾向があった。これらの結果から,防火木材の白華は,吸湿性と関係し,薬剤の種類,薬剤固形分量,雰囲気湿度の影響があることが推察された。
索引語薬剤;防火木材;薬剤固形分量;雰囲気湿度;白華;種類;水滴;発生量;最大吸湿量;増加
引用文献数11
登録日2014年07月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat