北海道の乳牛集約放牧草地における養分循環に基づく施肥適量

北海道の乳牛集約放牧草地における養分循環に基づく施肥適量

レコードナンバー872027論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名三枝 俊哉
西道 由紀子
大塚 省吾
須藤 賢司
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ60巻・ 1号, p.10-19(2014-04)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (727KB) 
抄録放牧によって草地から減少する肥料養分量を肥料換算養分の減少量と定義し,道東でこれを測定した結果,その値は既往の集約放牧草地における施肥適量にほぼ等しかった。また,これを用いて算出した放牧草地の養分収支は,放牧期間の前後における土壌中有効態養分含量の変化を概ね良好に説明した。そこで,北海道内延べ48牧区において,放牧による肥料換算養分の減少量を測定した結果,その値は地域性や草種特性によらず,被食量に規定されていた。そこで,48牧区全体の平均値と標準偏差を用い,道内全域に対応する乳牛集約放牧草地における窒素の施肥適量を,掃除刈りによる養分搬出のない条件で,マメ科牧草混生草地では年間4±2g/m2,イネ科牧草主体草地では8±2g/m2,リン酸およびカリウムのそれは草種構成によらず,年間3±1g/m2および5±1g/m2と提案した。
索引語乳牛集約放牧草地;放牧;値;肥料換算養分;減少量;測定;結果;用いて算出;放牧草地;放牧期間
引用文献数35
登録日2014年08月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat