塗装木材に関する屋外暴露試験と促進耐候性試験の相関

塗装木材に関する屋外暴露試験と促進耐候性試験の相関

レコードナンバー872096論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012092NACSIS書誌IDAN00240373
著者名石川 敦子
片岡 厚
川元 スミレ
松永 正弘
小林 正彦
木口 実
書誌名木材保存
発行元日本木材保存協会
巻号,ページ40巻・ 2号, p.55-63(2014-03)ISSN02879255
全文表示PDFファイル (883KB) 
抄録木材保護塗料(水性7種類,油性2種類)で塗装されたスギ心材を試料として,キセノンランプ法(JIS K5600-7-7)と紫外線蛍光ランプ法(EN 927-6)による促進耐候性試験を実施し,屋外暴露試験(つくば市,南面45度傾斜)に対する相関性・促進性を評価した。試料の変色と撥水度の変化を比較・解析した結果,屋外暴露試験の2年間に相当するキセノンランプ法の試験期間が約2500時間(促進倍率:約7.0倍)であり,紫外線蛍光ランプ法では約12週間(同:約8.7倍)であることが示された。また,木材の塗装の有無や塗料のタイプによる違いについては,無塗装材と油性塗料については,屋外暴露試験における色差・撥水度の変化傾向を良く再現できる点でキセノンランプ法が適し,水性塗料については,屋外暴露試験における色差の変化傾向と撥水度の性能順位を良く再現できる点で紫外線蛍光ランプ法が適することを明らかにした。
索引語屋外暴露試験;キセノンランプ法;紫外線蛍光ランプ法;撥水度;促進耐候性試験;塗装;試料;色差;変化傾向;再現
引用文献数16
登録日2014年08月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat