南西諸島の極強酸性土壌における牛ふん堆肥・豚ぷん堆肥施用によるソバ(Fagopyrum esculentum Moench)の減化学肥料栽培

南西諸島の極強酸性土壌における牛ふん堆肥・豚ぷん堆肥施用によるソバ(Fagopyrum esculentum Moench)の減化学肥料栽培

レコードナンバー872230論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名原 貴洋
荒川 祐介
長浜 隆市
山口 典子
住 秀和
田中 章浩
生駒 泰基
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ83巻・ 2号, p.118-125(2014-04)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (573KB) 
抄録南西諸島においては,新規作物ソバの栽培の酸性土壌地域への拡大による赤土等流出の低減が期待されており,また,家畜ふん堆肥の活用による減化学肥料が畜産業と耕種農家の共通課題となっている。著者らは前報において,極強酸性土壌におけるソバ栽培では家畜ふん堆肥施用により顕著に増収することを示した。本研究では,家畜ふん堆肥を施用した条件でのソバ栽培について,減化学肥料の可能性を検討した。牛ふん堆肥および豚ぷん堆肥1kg m-2を施用する条件の下で,リン酸とカリの肥料を完全に削減したところ,子実収量,収量構成要素,茎葉重,地上部リン酸含量,地上部カリ含量の減少は認められなかった。豚ぷん堆肥1kg m-2施用の条件の下では,リン酸肥料,カリ肥料に加えて窒素肥料も完全に削減したところ,茎葉窒素含量は有意に低下し,子実窒素含量はやや低下したが,収量および収量構成要素の低下は認められなかった。土壌養分含量は,窒素,リン酸,カリのいずれについても,化学肥料施用量削減にともなう低下は認められなかった。以上より,家畜ふん堆肥を1kg m-2施用する条件では,リン酸肥料とカリ肥料は完全に削減でき,窒素肥料も大幅に削減できることが明らかとなった。
索引語家畜ふん堆肥;削減;条件;低下;施用;南西諸島;極強酸性土壌;牛ふん堆肥;豚ぷん堆肥施用;Fagopyrum esculentum
引用文献数26
登録日2014年08月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat