簡易ガス置換法により評価した帰化アサガオ類の発芽に及ぼす気相酸素濃度の影響

簡易ガス置換法により評価した帰化アサガオ類の発芽に及ぼす気相酸素濃度の影響

レコードナンバー872235論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名朝倉 草平
松村 篤
今堀 義洋
大門 弘幸
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ83巻・ 2号, p.160-164(2014-04)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (1115KB) 
抄録水田転換畑で問題となっている帰化アサガオ類の発芽に及ぼす気相酸素濃度の影響を明らかにするために,アルゴンガスで気相を置換する簡易な発芽試験法によって発芽試験を試みた。本法では,酸素濃度0%を想定した処理区の酸素濃度は,実測値で0.62%であり,完全嫌気条件は設定できなかった。想定した酸素濃度(0,1,5,10,20%)条件下では,マメアサガオ(Ipomoea lacunosa L.)は,いずれの濃度設定区でも比較的高い発芽率を示し,ホシアサガオ(I. triloba L.)は,0%区においても30%の発芽率を示した。一方,マルバアメリカアサガオ(I. hederacea (L.) Jacq. var. integriuscula A. Gray)は,対照として供試したダイズ品種フクユタカと同様に,0%区と1%区では発芽が著しく抑制された。置床4日目における幼根長および下胚軸長については,マルバアメリカアサガオではダイズと同様に酸素濃度の低下に伴う抑制が顕著であった。以上のように,帰化アサガオ類の酸素低濃度条件における発芽特性には種間差があることが明らかになった。また,今回用いた簡易ガス置換法は,作物の湿害を理解する際の酸素低濃度条件における簡易な発芽試験法として利用できることが示された。
索引語酸素濃度;発芽;帰化アサガオ類;簡易ガス置換法;気相酸素濃度;影響;発芽試験法;想定;発芽率;酸素低濃度条件
引用文献数11
登録日2014年08月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat