シロクローバーまたはヘアリーベッチ施用水田において再生紙マルチ移植栽培で水稲を有機栽培した時の生育・収量及び土壌特性

シロクローバーまたはヘアリーベッチ施用水田において再生紙マルチ移植栽培で水稲を有機栽培した時の生育・収量及び土壌特性

レコードナンバー872391論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20000568NACSIS書誌IDAN00381455
著者名山下 陽一
阿立 真崇
上野 秀人
鈴木 孝康
本荘 陽一
書誌名愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, College of Agriculture, Ehime University
別誌名Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University
発行元愛媛大学農学部附属農場
巻号,ページ35号, p.15-22(2013-09)ISSN09147233
全文表示PDFファイル (960KB) 
抄録再生紙マルチ水稲移植栽培において、シロクローバーやヘアリーベッチ施用を行い、水稲生育と収量および土壌特性に与える変化について、無肥料区と化学肥料区を対照として調査した。緑肥を施用すると、栽培初期に急速な有機物分解が生じ、電気伝導度とpHが高くなる傾向が見られた。しかしながら、この時期の酸化還元電位への影響はわずかであり、遅れて酸化還元電位が低下した。水稲生育については、草丈、茎数、葉色値とも同様な傾向が見られ、クローバー区が最も高く、ついで化学肥料区、ベッチ区、無処理区の順になった。これは生育初期の水溶性窒素の供給速度に大きく関与していると考えられた。水稲収量は、ベッチ区が最も高かった。クローバー区と化学肥料区では、コブノメイガの食害が顕著であり、それに伴い登熟歩合が極端に減少したため、低収量となった。シロクローバーやヘアリーベッチは養分供給面で、再生紙マルチ移植栽培に適した緑肥であると考えられるが、施用量が過度にならないように注意するとともに、害虫管理も留意する必要があると考えられる。
索引語シロクローバー;化学肥料区;収量;再生紙マルチ移植栽培;土壌特性;ヘアリーベッチ施用水田;水稲生育;緑肥;傾向;酸化還元電位
引用文献数10
登録日2014年09月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat