米代川水系阿仁川支流における冬季のサクラマス幼魚とイワナの定位場所および定位点

米代川水系阿仁川支流における冬季のサクラマス幼魚とイワナの定位場所および定位点

レコードナンバー872512論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名佐藤 正人
鷲尾 達
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ62巻・ 2号, p.147-154(2014-06)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (1622KB) 
抄録河川における冬季のサクラマス幼魚とイワナの生息環境を明らかにするため,秋田県米代川水系阿仁川の2支流で潜水調査を行った。サクラマス幼魚とイワナは,すべて淵の最深部に近い河床付近で観察された。淵内の両種を比較したところ,サクラマス幼魚はイワナに比べて,河床から離れて,流速の速い場所に定位する傾向を示した。サクラマス幼魚が観察された淵は,観察されなかった淵よりも深く,河床付近の流速が低かった。サクラマス幼魚の個体数密度は,淵が深く,河床付近の流れが遅くなるほど高くなる傾向が認められた。これらのことから,サクラマス幼魚とイワナの越冬場所として,水深があり,河床付近に緩流部を備えた淵の重要性が示された。
索引語サクラマス幼魚;イワナ;淵;冬季;河床付近;観察;流速;傾向;流れ;米代川水系阿仁川支流
引用文献数28
登録日2014年09月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat