北海道周辺におけるマナマコ幼稚仔の生息環境について

北海道周辺におけるマナマコ幼稚仔の生息環境について

レコードナンバー872514論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
論文副題特に南北海道を中心にした推論
著者名山名 裕介
古川 佳道
柏尾 翔
五嶋 聖治
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ62巻・ 2号, p.163-181(2014-06)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (6782KB) 
抄録北海道周辺におけるマナマコ(青色型)について,幼稚仔が生息する環境を特徴付けることを目的に,北海道南部を中心に幼稚仔の探索をおこなった。幼稚仔は転石帯の周辺から発見されることが多かった。周辺に波浪を遮る地形がない場合には転石の下端が水深2~20mにある場合に幼稚仔が多く発見され,遮る地形がある場合には転石の下端が潮間帯の+40cm~水深1.5mにある場合に多く発見された。また,具体的にどのような転石が幼稚仔に利用されているのか特徴付けることを目的に,北海道南部の転石潮間帯において季節別に調査をおこなった。幼稚仔は,環境中に数少ない大きなサイズの転石の下端が,長さ10cm未満の礫~転石が主体の海底にわずかに埋没した場合に明らかに多く発見された。複数個体の幼稚仔が発見された転石の平均サイズは約57,610cm3(縦の長さ×横の長さ×厚さ)であり,最多の4個体が発見された転石のサイズは74,256cm3であった。
索引語幼稚仔;転石;発見;北海道周辺;北海道南部;下端;マナマコ幼稚仔;生息環境;周辺;サイズ
引用文献数25
登録日2014年09月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat