東京大学北海道演習林において20年以上が経過した低標高域の地がき地におけるウダイカンバの更新状況

東京大学北海道演習林において20年以上が経過した低標高域の地がき地におけるウダイカンバの更新状況

レコードナンバー872526論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00018015NACSIS書誌IDAN00162451
著者名滝川 寛之
松井 理生
中川 雄治
後藤 晋
書誌名東京大学農学部演習林報告
別誌名Bulletin of the Tokyo University Forests
巻号,ページ131号, p.41-55(2014-06)ISSN03716007
全文表示PDFファイル (1062KB) 
抄録北海道中央部の20年以上前に地がきを行った低標高域6ケ所の試験地においてウダイカンバの更新状況を調べた。各試験地に3本のラインを設定し,ライン上の10mおきに半径3mの円形プロットを設置した。各プロット内の樹高1.3m以上の樹木について樹種名と胸高直径を測定した。また,各試験地に10×10mの方形区を2つずつ設置し,ウダイカンバの樹高と胸高直径を測定し,試験地ごとの胸高直径と樹高の関係を指数近似で求めた。得られた推定式を用いて,プロットごとにウダイカンバ更新木の胸高直径から樹高を推定し,材積の指標としてD2Hを求めた。円形プロットの調査では,合計36種の樹木が出現し,試験地ごとの本数密度は1957~4480本/haであった。一般化線形混合モデルによる解析を行ったところ,ウダイカンバの更新に対してシラカンバが負に,トドマツが正に影響を与えていた。ウダイカンバは本数,胸高直径,樹高ともに他の樹種よりも大きく,今後,更新林分の樹冠を占めていくと考えられた。したがって,地がきは低標高域のウダイカンバの更新に有効だと考えられた。
索引語ウダイカンバ;地;胸高直径;樹高;低標高域;更新状況;更新;各試験地;円形プロット;設置
引用文献数32
登録日2014年09月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat