酸化防止剤力価評価を目的としたDPPHおよびABTSラジカル消去能評価法の特性比較

酸化防止剤力価評価を目的としたDPPHおよびABTSラジカル消去能評価法の特性比較

レコードナンバー872541論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名山内 良子
深水 さやか
小浜 友紀子
島村 智子
柏木 丈拡
受田 浩之
穐山 浩
松井 利郎
石川 洋哉
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ40巻・ 2号, p.55-63(2014-03)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (525KB) 
抄録本研究では,既存添加物のうち,酸化防止剤に分類される品目の抗酸化能に基づく新たな規格基準の設定を最終目的とし,その基礎となる評価法の設定に向けた検討を行った。酸化防止剤規格試験法候補として有力なDPPH法およびABTS法を用いて,21種類の抗酸化物の測定を行った結果,抗酸化物のカテコール・ピロガロール構造を中心として,それぞれの反応特性を明らかにした。さらに,両測定法の活性値の相関性を検証した結果,両法は概ね一致した活性傾向を示すものの,カテコール構造を有する化合物では,DPPH法がABTS法より約1.3μmol TE/μmol高い活性値を示すことを明らかにした。また,両測定法をFRAP法と比較した結果,DPPH法がFRAP法と極めて高い相関を示すことを明らかにした。この結果は,DPPH法が金属イオンの還元能を強く反映していることを示している。この結果DPPH法が酸化防止剤の規格試験法候補として極めて有力であることが示唆された。
索引語DPPH法;結果;DPPH;酸化防止剤;設定;ABTS法;抗酸化物;両測定法;活性値;FRAP法
引用文献数18
登録日2014年09月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat