ヤマノイモ新品種「きたねばり」の育成

ヤマノイモ新品種「きたねばり」の育成

レコードナンバー872591論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039729NACSIS書誌IDAA12521265
著者名田縁 勝洋
鳥越 昌隆
田中 静幸
高宮 泰宏
入谷 正樹
黒崎 友紀
柴田 浩之
前塚 研二
三口 雅人
岡崎 智哉
澤崎 明弘
高山 直保
渡邊 隆志
宮村 透
赤間 智吏
茂古沼 真二
書誌名北海道立総合研究機構農業試験場集報 = Bulletin of Hokkaido Research Organization Agricultural Experiment Stations
別誌名道総研農試集報
発行元北海道立総合研究機構農業研究本部
巻号,ページ98号, p.15-24(2014-06)ISSN21861048
全文表示PDFファイル (9433KB) 
抄録ヤマノイモ(Dioscorea polystachya Turcz.)新品種「きたねばり(品種登録出願公表中,旧系統「十勝3号」)は,北海道立(現北海道立総合研究機構)十勝農業試験場,十勝農業協同組合連合会,帯広市川西農業協同組合および音更町農業協同組合の共同研究により,とろろの高粘度,ヤマノイモえそモザイク病(CYNMV)抵抗性および短根を目指して育成された。既存ナガイモ系統である「音更選抜」に比べ,いもの乾物率およびとろろの粘度が高く,CYNMV抵抗性が強く,いもの全長が短い。「きたねばり」は,高乾物率でCYNMV抵抗性を有するイチョウイモ系統「No. 11」と,北海道の気象条件に適したナガイモ「音更選抜系統」を2000年に交配し,その後代から選抜された。早晩性および標準的な栽植密度での収量は「音更選抜」と同等である。また,いもの乾物率が約5%高いことからすりおろしたとろろの粘りが強く,食味評価が良好であり,加工適性に優れる。さらにCYNMV抵抗性が強いため,採種圃場におけるウイルス罹病株の抜き取り作業が軽減され,生産コストの低減が可能である。これらの特性から,「きたねばり」は2011年に北海道の優良品種に認定された。特にその優れた品質特性により,従来のナガイモとは異なる新たなブランド品目として期待される。
索引語ねばり;とろろ;いも;CYNMV抵抗性;育成;北海道;音更選抜;乾物率;ナガイモ;Dioscorea
引用文献数20
登録日2014年09月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat