養殖ニジマス頭部軟骨の部位別プロテオグリカン含有量と分子量分布の比較

養殖ニジマス頭部軟骨の部位別プロテオグリカン含有量と分子量分布の比較

レコードナンバー872680論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名三浦 絢子
加藤 陽治
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ61巻・ 5号, p.206-211(2014-05)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (1098KB) 
抄録津軽海峡で養殖されているニジマス「海峡サーモン」について,新たなPG原料としての有効性を探るため,頭部軟骨を脳周辺部,前頭部,あご上部,鼻先目周辺部の4部位に分画し,部位毎のPG含有量と分子量分布を比較検討した。その結果,(1) 脳周辺部と鼻先目周辺部の軟骨量については,全軟骨中で占める割合が33%および32%であり,前頭部やあご上部の20%および15%に比べて多いが,各部位の軟骨湿潤重量1gあたりのウロン酸量は17.6~21.8mg,タンパク質量は15.9~18.9mgであり,部位毎の大きな差は認められなかった。また,(2) 部位別軟骨の熱水抽出物は分子量分布に違いは認められず,いずれの場合も天然サケの鼻軟骨熱水抽出物と同様,高分子量領域(平均分子量500万以上)に分布するPGが全PGの20~30%であった。以上のことから,海峡サーモンが従来の天然サケの代替品として利用可能であることが示唆された。
索引語分子量分布;海峡サーモン;脳周辺部;前頭部;あご上部;鼻先目周辺部;天然サケ;られず;分布;PG
引用文献数9
登録日2014年09月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat