リンゴ果汁に含まれる揮発性化合物によるPenicillium expansumの生育およびパツリン産生への影響

リンゴ果汁に含まれる揮発性化合物によるPenicillium expansumの生育およびパツリン産生への影響

レコードナンバー872955論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20534358NACSIS書誌IDAA12721071
著者名田口 智康
石原 亨
中島 廣光
書誌名JSM Mycotoxins
別誌名マイコトキシン : 日本マイコトキシン学会報
発行元日本マイコトキシン学会
巻号,ページ64巻・ 1号, p.1-14(2014-01)ISSN02851466
全文表示PDFファイル (673KB) 
抄録6種類の市販リンゴ果汁から調製したリンゴ果汁培地でPenicillium expansumを培養したところ,リンゴ果汁の違いはパツリン産生に大きく影響したが,カビ生育への影響は小さかった。対して,リンゴ果汁の違いによるパツリン産生への影響は大きく,パツリン産生量は果汁により7.3倍の差があった。さらに,各リンゴ果汁を減圧濃縮処理した後,ミリQ水を加えて還元処理した濃縮還元リンゴ果汁から6種類の培地を調製してP. expansumを培養し,カビの生育とパツリン産生に及ぼす影響を調べた。その結果,全てのリンゴ果汁において,濃縮還元処理によってパツリン産生量は減少し,カビの生育は促進される傾向が観察された。このことは,揮発性化合物がパツリン産生を促進し,カビの生育を抑制することを示唆していた。そこで,リンゴ果汁に含まれる揮発性化合物をGC-MSで分析し縮還元処理によって濃度が大きく減少した13化合物を選択し,パツリン産生の促進効果を調べたところ,2-メチルプロピル酢酸,エチル酪酸,エチル2-メチル酪酸,3-メチル-1-ブタノール,ヘキシル酢酸,1-ヘキサノールおよび2-メチル酪酸の7化合物は,濃度依存的にP. expansumによるパツリン産生を促進し,特に2-メチル酪酸とそのエチルエステル化合物,エチル2-メチル酪酸はその効果が高かった。これらの結果は,P. expansumによるパツリン産生は,リンゴ果汁中の揮発性化合物の組成の影響を大きく受けることを示していた。
索引語パツリン産生;影響;P. expansum;カビ;リンゴ果汁;生育;揮発性化合物;Penicillium expansum;メチル酪酸;促進
引用文献数35
登録日2014年09月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat