乳中のアフラトキシンM1測定法

乳中のアフラトキシンM1測定法

レコードナンバー872956論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20534358NACSIS書誌IDAA12721071
論文副題日本における室間実験と乳児用粉乳の実態調査
著者名佐久間 久子
小西 良子
田中 敏嗣
永山 敏廣
内藤 成弘
堀江 正一
石黒 瑛一
中島 正博
吉成 知也
川上 浩
書誌名JSM Mycotoxins
別誌名マイコトキシン : 日本マイコトキシン学会報
発行元日本マイコトキシン学会
巻号,ページ64巻・ 1号, p.15-21(2014-01)ISSN02851466
全文表示PDFファイル (317KB) 
抄録日本の10機関による,乳中アフラトキシンM1(AFM1)測定の室間実験を行った。イムノアフィニティカラムによりAFM1を精製し,高速液体クロマトグラフィー-蛍光検出で測定した。各1.0,0.5,0.05μg/kgのAFM1を添加した乳,ブランク乳,汚染粉乳,自然汚染乳の6種類の牛乳材料を用いた。3種類のAFM1添加した乳の添加回収率は88.2-91.6%,汚染粉乳の回収率は94.5%であった。ブランク乳を除く5種類の牛乳材料の室内再現相対標準偏差は13.3%以下,室間再現相対標準偏差は20.9%以下,修正HorRat値は1以下であった。この方法を用いて,日本国内で入手した108の乳児用粉乳の試料を測定した。平均値は0.002μg/L(乳幼児に与える液体換算:14g粉乳/100mL水)であり,最高値は0.025μg/Lだった。
索引語ブランク乳;乳;測定;日本;室間実験;乳児用粉乳;汚染粉乳;牛乳材料;自然汚染乳;回収率
引用文献数15
登録日2014年09月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat