酢酸の生理機能性

酢酸の生理機能性

レコードナンバー873076論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名山下 広美
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ67巻・ 4号, p.171-176(2014-08)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (6387KB) 
抄録酢酸は,生体において空腹時に脂肪酸からβ酸化により生成される内因性の成分であり,骨格筋などで生体燃料として利用される。一方,外因性に酢酸を摂取すると酢酸は容易に血中に移行し組織に速やかに取り込まれた後,その代謝過程でAMPを生成し細胞内のAMP/ATP比を増加させてAMPキナーゼ(AMPK)を活性化させる。2型糖尿病の病態モデル動物に酢酸を継続的に摂取させると,肥満が抑制され耐糖能を改善させる。また肝臓において脂肪合成関連遺伝子の転写量を低下させることから,酢酸は脂肪合成を抑制するように作用すると示唆される。その他エネルギー消費割合の増加,白色および褐色脂肪組織においては脂肪滴肥大化の抑制が見られる。以上より酢酸は空腹時には内因性の成分として生成され生体燃料として利用されるが,摂食時に酢酸を摂取すると脂肪合成の抑制による肥満の抑制,さらに肥満に起因した2型糖尿病予防効果をもたらすと示唆される。
索引語酢酸;抑制;AMP;生成;摂取;肥満;脂肪合成;内因性;成分;生体燃料
引用文献数26
登録日2014年10月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat