人工栄養児のエネルギーおよび各栄養素の摂取量

人工栄養児のエネルギーおよび各栄養素の摂取量

レコードナンバー873144論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014790NACSIS書誌IDAA11125739
著者名神野 慎治
中村 吉孝
菅野 貴浩
金子 哲夫
木ノ内 俊
書誌名ミルクサイエンス = Milk science
発行元日本酪農科学会
巻号,ページ63巻・ 2号, p.63-69(2014-08)ISSN13430289
全文表示PDFファイル (607KB) 
抄録1/2-6ヵ月齢の完全人工栄養児のエネルギー,たんぱく質および微量栄養素の摂取量を算出し,評価した。2006-2007年に33,642名の乳児を対象とした発育・哺乳量に関する全国横断調査を実施し,578名の6ヵ月齢までの完全人工栄養児の栄養摂取量を評価した。1日の平均哺乳量は,1/2-1,1-2,2-3,3-4,4-5,および5-6ヵ月齢でそれぞれ819,834,869,864,869,および928mLであった。調粉A哺乳児のエネルギー摂取量(1-2ヵ月齢で128kcal/kg/日,5-6ヵ月齢で84kcal/kg/日)は,FAOが示している人工栄養児の推定エネルギー必要量と同水準であった。たんぱく質の摂取量およびビオチン・セレン・ヨウ素以外の微量栄養素の摂取量は,日本人の食事摂取基準で示されている目安量を各月齢とも上回っていた。ビタミンAおよびビタミンDの摂取量は,日本人の食事摂取基準で示されている耐容上限量を各月齢とも下回っていた。我々は前報で,これらの完全人工栄養児の発育が6ヵ月齢まで母乳栄養児と同等であることを確認している。以上のことから,今回評価対象とした完全人工栄養児のエネルギー摂取量は推定エネルギー必要量との比較による評価において過不足のない量に保たれていること,および各栄養素の摂取量については,ビオチン・セレン・ヨウ素以外は,日本人の食事摂取基準に対して過不足がないことが示された。
索引語摂取量;6ヵ月齢;完全人工栄養児;ビオチン;エネルギー;評価;日本人;食事摂取基準;各栄養素;人工栄養児
引用文献数31
登録日2014年10月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat