北東北地域の飼料イネ湛水直播栽培における栽培管理と各種要因がタイヌビエの収穫期残存量に及ぼす影響

北東北地域の飼料イネ湛水直播栽培における栽培管理と各種要因がタイヌビエの収穫期残存量に及ぼす影響

レコードナンバー873152論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015078NACSIS書誌IDAN00097258
著者名橘 雅明
中山 壮一
竹澤 邦夫
河本 英憲
押部 明徳
渡邊 寛明
書誌名雑草研究
別誌名日本雑草学会会報
Journal of weed science and technology
Weed research
発行元日本雑草防除研究会
巻号,ページ59巻・ 2号, p.57-64(2014-06)ISSN0372798X
全文表示PDFファイル (669KB) 
抄録飼料イネの湛水直播栽培における播種後完全除草期間,苗立ち数,タイヌビエ埋土種子数,播種方式および品種がタイヌビエの収穫期残存量に及ぼす影響について平滑化スプライン等を適用した加法モデルで解析した。播種後完全除草期間がタイヌビエの残存量に及ぼす影響は予測変数の中で最も大きく,残存量は除草期間が20~24日の間に急激に減少した。しかし,42日以降はあまり減少しなかった。飼料イネ苗立ち数についてみると,105本/m2から210本/m2まで残存量は緩やかに減少したが,それ以上の密度では,ほぼ一定の値となった。タイヌビエ埋土種子数が多くなるにつれて残存量は緩やかに増加したが,10000粒/m2以上ではほとんど変化しなかった。タイヌビエの残存量は,条播より散播で少なかった。北東北地域の湛水直播栽培において飼料イネの雑草抑圧力を最大限に発揮するには,耐倒伏性の高い品種を用いて散播し,目標苗立ち数を210本/m2程度とすることが望ましく,通常播種後40日間程度の完全除草が必要とされるにもかかわらず,30日間程度の完全除草でタイヌビエ残存量を許容水準以下に抑制できると考えられた。
索引語タイヌビエ;残存量;北東北地域;収穫期残存量;影響;飼料イネ;湛水直播栽培;播種後完全除草期間;完全除草;減少
引用文献数22
登録日2014年10月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat