児童が思いつく樹種名とその理由

児童が思いつく樹種名とその理由

レコードナンバー873282論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
論文副題神奈川県藤沢市の小学校の事例
著者名杉浦 克明
原崎 典子
吉岡 拓如
井上 公基
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ96巻・ 1号, p.43-49(2014-02)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (654KB) 
抄録本研究は児童の知っている樹木に焦点をあて,どれくらい,どのような樹種名を思いつき,どのように知ったのかを分析することを目的とした。調査は,神奈川県藤沢市の市立小学校5校の4年生440名の児童を対象に,どのような樹種名を思いつき,何をきっかけに知ったのかを把握するために,思いつく樹種名の記入と,その樹種名を知った理由についてのアンケートを実施した。五つの小学校の児童が回答した上位20種をみると,サクラやモミジ等の樹種名であった。これらの回答された樹種名は,「校内」,「公園」,「道」をきっかけに知った児童が多かった。つまり,学校,公園,近くの道にあることで樹種名が認識されており,児童の周辺環境が影響を与えていると考えられる。それ以外の樹種名では,リンゴ,ヤシ,ブドウ,バナナ,ナシなど小学校周辺ではみられない食用となる果実がなる樹種名が多かった。身近ではみられないこれらの樹種名を知る要因に,テレビの影響も考えられる。また,授業で習ったため知ったと回答された樹種名もあった。以上のことから,樹種名を知るきっかけとして校内や公園の環境,授業等での教育,テレビが影響を与えている可能性が考えられた。
索引語樹種名;児童;回答;公園;影響;理由;小学校;神奈川県藤沢市;校内;道
引用文献数24
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat