戦後における専門高校「森林経営」関連科目の変化と課題

戦後における専門高校「森林経営」関連科目の変化と課題

レコードナンバー873283論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名井上 真理子
大石 康彦
宮下 理人
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ96巻・ 1号, p.50-59(2014-02)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (1154KB) 
抄録戦後の専門高校の森林・林業教育について,「森林経営」関連科目を対象に,学習指導要領と教科書から教育の目的と内容の変化を分析した。科目名は,「林業経済」,「森林経理・法規」,「測樹」,「林業経営」,「森林経営」と変わってきた。学習指導要領に示された科目の目標は,林業に従事するための能力の育成から,持続的に森林経営する能力の育成に変化した。また数育内容を整理すると,概論(森林と林業/森林経営,効用/機能),測樹(森林の測定,評価),経営(計画,管理,流通),林政(政策・法規)の4分野8項目30細目が挙げられた。教育内容では,戦後から1990年代までは,林業を経済的に管理・経営し,木材生産を基本とした実務的な知識や技術であったが,「森林経営」(1999年版)以降,多面的な機能に関する内容が増えた。その結果,専門高校の科目の「森林経営」では,何のために森林経営を行うのかという理念がわかりにくくなっていた。今後の課題には,次の学習指導要領の改訂に向けて,育成すべき人材像を踏まえた専門高校の科目「森林経営」の再検討が挙げられた。
索引語森林経営;科目;専門高校;変化;学習指導要領;育成;関連科目;課題;林業;内容
引用文献数18
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat