国東市国見町地先の小型定置網で漁獲されたスズキ成魚の性比

国東市国見町地先の小型定置網で漁獲されたスズキ成魚の性比

レコードナンバー873368論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039725NACSIS書誌IDAA12521221
著者名景平 真明
尾上 静正
上城 義信
伊藤 龍星
書誌名大分県農林水産研究指導センター研究報告. 水産研究部編 = Bulletin of Oita Prefectural Agriculture, Forestry and Fisheries Research Center (Fisheries Research Division)
発行元大分県農林水産研究指導センター水産研究部
巻号,ページ4号, p.23-26(2014-07)ISSN2186098X
全文表示PDFファイル (662KB) 
抄録国東市国見町地先におけるスズキ成魚の性比を明らかにするために、1995年8月~1996年8月に実施された小型定置網調査のデータを再整理した。1 全長が352mmを超える成魚の雄率は40.6%であった。2 全長が700mmを超える個体のうち雄は1個体のみで、それ以外の36個体は雌であった。3 全長が700mmを超える雌は産卵期(12~1月)にまとまって漁獲された。4 産卵期以外の月の性比に顕著な偏りはみられなかったが、産卵期に大型の雌が多く出現したことにより、調査期間全体の集計ではやや雌に偏った性比(雄率40.6%)となった。5 スズキの回遊行動に性による違いがある可能性が示唆された。
索引語性比;雌;産卵期;全長;国東市国見町地先;漁獲;スズキ成魚;成魚;月;小型定置網
引用文献数21
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat