トラフグ病魚から分離された非運動性Tenacibaculum maritimumの生物学的および血清学的性状

トラフグ病魚から分離された非運動性Tenacibaculum maritimumの生物学的および血清学的性状

レコードナンバー873452論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名Rahman T.
菅向 志郎
金井 欣也
杉原 志貴
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ49巻・ 3号, p.121-129(2014-09)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (11823KB) 
抄録滑走細菌症に罹患したトラフグから通常の樹根状コロニーに混じって淡黄色小型円形コロニーを形成するT. maritimumが分離された。その代表株NUF1129について生物学的および血清学的性状を調べたところ,本菌株は非運動性で,ヒラメに対して病原性が認められなかった。液体培養の際にフラスコ壁に付着しにくく,魚体表面への付着菌数も強毒株に比べて少なかった。ゲル内沈降反応において運動性株が共通に保有した菌体表在性抗原の1つが検出されず,全菌体タンパク質のSDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動で運動性株と異なるバンドパターンを示した。以上のことから,運動性や付着性に関連した菌体表在性物質がT. maritimumの病原性に関与することが示唆された。
索引語T. maritimum;分離;血清学的性状;非運動性Tenacibaculum maritimum;病原性;運動性株;付着菌数;運動性;トラフグ病魚;付着
引用文献数46
登録日2014年11月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat