日本における農業インターンシップ事業の効果に関する研究

日本における農業インターンシップ事業の効果に関する研究

レコードナンバー873494論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名木南 章
木南 莉莉
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ67巻・ 1号, p.49-56(2014-09)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (1881KB) 
抄録近年、日本では農業インターンシップへの参加者数が増加傾向にあり、人材育成や経営環境の改善に効果があると期待されている。しかしながら、インターシップの有効性に関する理論的・実証的分析などの総合的研究が極めて不足している。本研究は、インターンシップの理論に基づいて、農業インターンシップの事業効果と事業特性の関係を明らかにすることを目的としている。分析方法は、農業インターンシップに参加した体験者の体験申込書、体験報告書および体験者を受け入れた農業法人の実施状況報告書兼交付申請書から得られた情報に基づいて重回帰分析およびテキストマイニングによって事業効果の要因分析を行う。分析の結果から、体験者と経営者とでは、農業インターンシップに期待するものが異なっており、それぞれの満足度を規定する要因も異なっている。また、雇用実現を規定する要因も、体験者満足度や経営者満足度を規定する要因とは異なることから、満足度と雇用実現の両立は容易ではないことが明らかとなった。したがって、農業インターンシップを効果的に実施するには、体験者と経営者がインターンシップに対する期待を把握しておくこと必要であり、効果的な体験メニューの作成、インターンシップ実施のガイドラインやマニュアルの作成が求められる。
索引語農業インターンシップ;体験者;インターンシップ;効果;要因;期待;規定;日本;満足度;経営者
引用文献数13
登録日2014年11月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat