AE-SiGMA解析による酸化マグネシウム改良土の割裂破壊評価に関する研究

AE-SiGMA解析による酸化マグネシウム改良土の割裂破壊評価に関する研究

レコードナンバー873498論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名島本 由麻
鈴木 哲也
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ67巻・ 1号, p.83-89(2014-09)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (1449KB) 
抄録もみ殻や稲わらは収穫後廃棄されることも少なくない。本研究は、もみ殻および稲わらを有効活用した構造材料の開発を目的としている。構造材料としての有効性を検証するために破壊挙動および力学特性の検討が必要である。本報では、もみ殻灰および稲わら繊維を混和した酸化マグネシウム改良土の力学特性を、割裂破壊挙動の際に発生する弾性波の観点から評価した結果を報告する。実験的検討では、混和物を変化させた3つのシリーズにおいて割裂試験を行い、破壊過程をAE法および画像解析により評価した。検討の結果、もみ殻灰を混和したサンプルにおいて、ポゾラン反応による割裂引張強度の増加が確認された。AE法によるSiGMA解析および画像解析結果より、ひずみの局所化と、内部からの破壊の進行が示唆された。
索引語酸化マグネシウム改良土;稲わら;もみ殻灰;SiGMA解析;割裂破壊評価;もみ殻;検討;混和;結果;構造材料
引用文献数12
登録日2014年11月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat