シデコブシ自生地の皆伐後1年目の萌芽・実生更新

シデコブシ自生地の皆伐後1年目の萌芽・実生更新

レコードナンバー873513論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名玉木 一郎
野村 勝重
野村 礼子
楯 千江子
小木曽 未佳
宮上 佳弘
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ96巻・ 4号, p.193-199(2014-08)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (1372KB) 
抄録シデコブシは東海地方に固有の低木種で絶滅が危惧されている。本研究では皆伐後の同樹種の萌芽・実生更新の過程を明らかにするために,岐阜県多治見市の自生地に30m×10mの調査区を設置し,2012年1月に皆伐した。4~11月にかけてシデコブシの萌芽・実生更新の様子を調査した。萌芽の合計数ではソヨゴとシデコブシ,ノリウツギ,タカノツメが優占していた。シデコブシの近傍に位置する自身よりも萌芽高の大きい個体の大半はノリウツギであったため,同種が萌芽更新の当座の競争相手になると考えられた。シデコブシの伐根と個体の死亡割合は19%と12%であった。個々の伐根は齢やサイズと無関係に死亡していた。その結果,個体を構成する伐根が少ない個体は死亡しやすい傾向を示した。萌芽数は伐根直径が12~20cmのあたりでピークを示した。したがって,これらのサイズがシデコブシの萌芽更新に最適であると考えられる。皆伐後,シデコブシの当年生実生が175個体発生し,これらは埋土種子から発生したと考えられた。
索引語シデコブシ;萌芽;個体;実生更新;伐根;死亡;ノリウツギ;萌芽更新;サイズ;ソヨゴ
引用文献数21
登録日2014年11月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat