選抜マーカーの作出と新品種育成システムの開発(4)

選抜マーカーの作出と新品種育成システムの開発(4)

レコードナンバー873808論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20025129NACSIS書誌IDAA12180299
論文副題戻し交配3世代におけるイノシシアレルの効果
著者名新居 雅宏
谷 文雄
森 直樹
書誌名徳島県立農林水産総合技術支援センター畜産研究所研究報告 = Bulletin of Tokushima prefectural Agriculture, forestry and fisheries technology support center livestock research institute
別誌名徳島県畜産研究所研究報告
Bull. Tokushima. Pref. Lives. Res. Ins.
徳島畜研報
発行元徳島県立農林水産総合技術支援センター畜産研究所
巻号,ページ8号, p.19-24(2010-01)ISSN18812619
全文表示PDFファイル (425KB) 
抄録DNAマーカーアシスト導入3世代目同士の交配によるF1についてイノシシアレルの効果を第6,8および15染色体について検証した。形質の調査頭数は117頭でアレルの判定は8種類のDNAマーカー型により行った。1) 第6染色体上のSW1353マーカー型によりMinolta a*値およびヘマチン含量(mg/100g)を集約すると,イノシシ由来のマーカーをホモ接合型(WB/WB)で持つ群が最も大きく,イノシシ-大ヨークシャーヘテロ接合型(WB/W),大ヨークシャーホモ接合型(W/W)の順に小さくなり,本領域のイノシシアレルはF2家系QTL解析の結果と同様に肉の赤さとヘマチン含量を高める効果が示された。2) 第8染色体はS0069マーカー型により1日平均増体重(g)(ADG),と体長を集約した。結果,WB/WB,W/WBおよびW/W間に差がみられ,WB型を持つことにより,ADGおよびと体長が小さくなった。3) 第15染色体には,肉質(pH,Minolta b*値等)および脂肪形質(脂肪融点,脂肪酸組成等)に関わるQTLが検出されていたので,それぞれについて効果を検証した。肉質についてはSW1945マーカー型により形質を集約した。pHについてはW/WとW/WBおよびWB/WB間に差がみられ(P<0.01),F2家系におけるQTL解析結果のとおり,WB型を持つことでpHが高くなった。脂肪はSW964とSW1945の2つのDNAマーカーにより,脂肪融点および脂肪酸組成について集約した。結果,背脂肪外層,背脂肪内層および腹腔内脂肪ともに融点および複数の脂肪酸で差がみられ,イノシシアレルが飽和脂肪酸と脂肪融点を高める効果を示した。これらのことより,イノシシと大ヨークシャーを祖父母としたF2家系における第6,8および15染色体に検出されたQTLは戻し交配を進めた家系においてもマーカー型間に形質の差が認められ,QTLの存在が実証された。また,第6および15染色体のQTLにおけるイノシシ由来染色体は栄養学的および品質面からも優れた効果が推察され,DNAマーカーアシスト導入法の育種改良への有効性が示唆された。
索引語イノシシアレル;QTL;効果;a*値;大ヨークシャーホモ接合型(W/W);b*値;集約;差;ADG;と体長
引用文献数14
登録日2015年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat