耳石微量元素分析によって明らかにされた東京湾産マハゼの稚魚期での河川遡上履歴

耳石微量元素分析によって明らかにされた東京湾産マハゼの稚魚期での河川遡上履歴

レコードナンバー890110論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名松崎 圭佑
加納 光樹
河野 博
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ80巻・ 6号, p.928-933(2014-11)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (1044KB) 
抄録東京湾とその流入河川の淡水域と汽水域で採集したマハゼ61個体(体長52.4-131.8mm)の耳石のSr: Ca比から河川遡上履歴を調査した。河川淡水域で採集した21個体はすべてが稚魚期に汽水・海域から淡水域に移動していた。汽水域で採集した40個体中31個体は淡水域への遡上履歴をもたないが8個体は一時的に淡水域に侵入し,1個体は淡水域への遡上後に再び降河した履歴をもっていた。したがって,本種は生活史のなかで淡水域や汽水・海域の様々な塩分環境に対応しうる柔軟な回遊パターンをもつことが明らかとなった。
索引語淡水域;採集;河川遡上履歴;東京湾産マハゼ;稚魚期;汽水;汽水域;海域;遡上履歴;履歴
引用文献数43
登録日2015年03月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat