高速液体クロマトグラフ-四重極飛行時間型質量分析計を用いた飲料中混入物の同定

高速液体クロマトグラフ-四重極飛行時間型質量分析計を用いた飲料中混入物の同定

レコードナンバー890220論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名宮本 靖久
鷲田 和人
宇山 敦生
望月 直樹
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ55巻・ 6号, p.261-268(2014-12)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (3469KB) 
抄録消費者より異味の指摘のあった飲料製品(指摘品)について,高速液体クロマトグラフ-四重極飛行時間型質量分析計(LC-QTOF-MS)による混入物の解析結果を報告する。LC-QTOF-MSを用いて正常品との差異解析を行った結果,指摘品のみに特徴的な6つの物質を検出した。これらについて,マススペクトル,プロダクトイオンスペクトルを詳細に解析した結果,いずれも界面活性剤であることが明らかとなった。また,これらはシャンプーなど家庭用洗剤の原料に用いられていることが分かった。さらに,これら6種類の界面活性剤を指標に市場で入手可能な洗剤製品の成分解析を行った結果,ボディシャンプー2製品のみHPLCの溶出パターンが一致した。これらの結果から,指摘品には当該ボディシャンプーが開栓後何らかの原因で混入した可能性が強く示唆された。
索引語結果;LC;指摘品;高速液体クロマトグラフ;四重極飛行時間型質量分析計;界面活性剤;用いて正常品;解析;これら;HPLC
引用文献数9
登録日2015年03月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat