二価金属イオンがLactobacillus gasseri SBT2055の「ガセリシンT」生産に及ぼす影響

二価金属イオンがLactobacillus gasseri SBT2055の「ガセリシンT」生産に及ぼす影響

レコードナンバー890344論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014790NACSIS書誌IDAA11125739
著者名郭 暁艶
上西 寛司
川井 泰
安田 成美
春日 元気
竹澤 志織
瀬戸 泰幸
西村 順子
北澤 春樹
齋藤 忠夫
書誌名ミルクサイエンス = Milk science
発行元日本酪農科学会
巻号,ページ63巻・ 3号, p.129-135(2014-12)ISSN13430289
全文表示PDFファイル (3052KB) 
抄録ガセリシンT(GT)は,ヒト腸管より検出される乳酸桿菌Lactobacillus gasseriにより生産される二成分性バクテリオシンである。また,当研究室で分離したヒト乳児由来のGT生産LA158株を含むL. gasseriは,改良乳培地で良好に生育するものの,乳中に豊富に存在する二価金属イオンによりLA158株のGT生産は抑制されることが知られている。本研究により,GT生産株として最初に見出された,抗肥満効果を有するL. gasseri SBT2055は,MRS培地にて二価金属イオン(Mg2+,Ca2+,Mn2+,Fe2+およびZn2+)の添加により濃度依存的にGT生産が抑制されることが判ったが,LA158株における抑制濃度(Mg2+およびCa2+)とは異なっていた。また,200mMの二価金属イオン添加では,良好に生育するにもかかわらず,GTの生産は完全に消失した。さらに,二価金属イオンのキレート剤で食品添加物であるクエン酸三ナトリウム(TSC)の添加によりGT生産は回復した。以上の結果から,ヨーグルト製造においてスターターの生育を阻害せずに,GT生産性のプロバイオティックL. gasseri株を効果的に添加・利用出来るものと考えられた。
索引語二価金属イオン;生産;GT生産;添加;生育;ガセリシンT;Lactobacillus;GT;抑制;乳酸桿菌Lactobacillus
引用文献数21
登録日2015年03月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat